腰痛治療・改善方法の事ならお任せ!

子宮後屈が進むと重い腰痛を引き起こしてしまいます

数ある婦人病の中でも、「子宮後傾後屈」という病気を聞いたことがあるでしょうか?この病気は読んで字のごとく、子宮が本来の正常な位置より後方に傾いてしまう病気です。子宮やその周辺臓器の生育不全による先天的なものと、妊娠分娩や子宮の病気などによって起こる後天的なものがあります。どちらも、子宮をつるす靱帯の部分が弛緩して起こることが多く、子宮が傾いてできた隙間に他の臓器が入り込んできたりします。

この「子宮後傾後屈」がひどくなると、子宮が収まっている骨盤の内側にうっ血が生じやすくなり、これがひどくなれば卵巣機能障害を起こします。また、さまざまな月経異常、子宮肥大、卵巣肥大などの深刻な症状も引き起こしていきます。

骨盤内にうっ血しはじめると、強い腰の痛みを感じることが多くあります。「子宮後傾後屈」であっても、移動性の場合には特別な症状を起こさないこともまれにありますが、多くの場合には月経異常や腹部の痛み、そして腰の強い痛みなどに耐えられなくなり医療機関を受診するパターンが多いようです。

たとえ「子宮後傾後屈」であっても、無症状の場合には経過を観察するということもありますが、うっ血をしていると血液をスムーズに流すために子宮の位置などの調整する手術を行うことがあります。また、子宮内膜症を発症していれば子宮の後方が骨盤内に癒着していることが多く、この癒着を解消するための手術が必要となります。

このように、婦人科の病気には子宮や卵巣などが関わることが多いのですが、その位置が腹部にあるために、何らかの病気を発症すると腰に痛みを覚えることがよくあります。腰に痛みを感じたときには、整形や整体関連だけでなく、婦人科の病気を疑ってみることも大切です。


私が腰痛を改善したのはこの方法!

腰痛 【プロも推奨する中川式ストレッチ】

50万人の腰痛患者を救ってきた、中川式ストレッチ!一回に掛かる腰痛治療費を考えればとても経済的でした!実績のある腰痛治療を自宅でDVDと資料で勉強出来ますよ!

⇒詳細はコチラから

腰痛に関連した最新エントリー

このページの先頭へ